愛媛の偉人・賢人の紹介
真鍋 和人 まなべ かずしと (1958〜  )

 重量挙げ選手。オリンピック銅メダリスト。新居浜市出身。新居浜工業高等学校から中央大学に進み、卒業後日泉化学工業株式会社(現日泉化学株式会社)に入社。フランスでの第35回世界選手権大会52s級で3位。第42回全日本選手権大会52kg級で、トータル247.5kgの日本新記録を樹立し初優勝。第9回アジア競技大会52kg級でも優勝。第23回ロサンゼルスオリンピック大会52kg級では、銅メダルの栄冠に輝いた。

略歴
昭和33(1958)年10月12日 新居浜市に生まれる。
昭和49(1974)年4月 同郷の重量挙げ選手で国体の高校の部などで優勝していた小野正がいた新居浜工業高等学校に入学し、重量挙げ部に入部。重量挙げ人生が始まる。
昭和50(1975)年10月27日 三重県での国体に出場し、高校の部で初優勝。
昭和56(1981)年9月7日 フランスのリールでの第35回世界選手権大会に出場し、52kg級で銅メダルを獲得。
昭和57(1982)年7月9日 第42回全日本選手権大会に出場し、52kg級でトータル247.5kgの日本新記録を樹立して初優勝。
            11月20日 インドのデリーでの第9回アジア競技大会に出場し、52kg級で金メダルを獲得。
昭和59(1984)年7月29日 第23回ロサンゼルスオリンピック大会に出場し、52kg級で銅メダルを獲得。
昭和61(1986)年9月21日 韓国のソウルでの第10回アジア競技大会に出場し、52kg級で銀メダルを獲得。
昭和63(1988)年9月18日 第24回ソウルオリンピック大会に出場し、52kg級で8位入賞。

<関連図書>
(写真提供:真鍋和人氏)

愛媛県生涯学習センター振興課:TEL 089-963-2111(内線110)
掲載情報の無断転載を禁じます。